老人も例外じゃない老人性うつ病

老人性うつの問題を考える|特徴を知って対策をとろう

症状をチェックしよう

ドクター

社会問題となりつつある老人性うつの問題について迫ります。まずは、どのような症状が見られた要注意になるのかチェックしていきましょう。また、病気は早めの治療スタートが大切になります。

詳細へ

治療方法をリサーチする

婦人

老人性うつの治療について調べていきましょう。まずは、薬を飲んで治療していく方法があります。一般的なうつ病患者と同じ抗うつ剤を服用して治療を目指していきます。もう1つとしては、グループ療法があります。

詳細へ

なぜ病気になるのか

悩む男性

日本は高齢化社会を迎えていますが、老人性うつの問題も顕著になってきているようです。老人性うつとは、高齢者がかかるうつ病のことになりますが、一般的なうつ病とはどのような違いがあるのでしょうか。今後ますます高齢者が増加していく現代において、老人性うつ患者の数も増えていくことが予想されます。正しい知識を持って認識しておくことで、病気への理解が進みますし、自分自身も老人性うつにかからないように対策をとるなど、病気を予防することができるかもしれません。まず、老人性うつと、若い世代が発症するうつの特徴の違いとしては、原因が異なることが挙げられるでしょう。若い世代のうつは、働き盛りの世代で、仕事の過度なストレスが原因で発症することが多いといえます。しかし、老人性うつは、長年連れ添ったパートナーと死別したり、離婚して独りになってしまったり、慣れない隠居生活が原因で発祥するケースが多いといいます。仕事を退職して、生きる目的ややりがいを見失ったことで、発症してしまうこともあります。これまでの環境と大きく変わってしまうことで、強いストレスを感じて、病気に発展していくのです。特に家族が居なかったり、友人が近くに居ない場合など、一人暮らしでも他者とコミュニケーションをとる機会が極端に少ない場合は、より注意が必要だといえます。近所付き合いや、地域のコミュニティに積極的にどんどん参加するようにしていきたいものです。また、周囲に該当するお年寄りがいる場合は、挨拶などをしてできるだけ会話をしてコミュニケーションをとっていくことが大切になります。困っていることはないか聞いてみましょう。小さなことでも構いません。話し相手がいないことで、老人性うつが悪化してしまいますし、病気自体に気づくことも遅くなるといえます。本人に病気の自覚がないこともあるので、周囲が気づいてあげたり、さまざまなサポートをすることが求められるのです。老人性うつになっても治療を受けずに放置しておけば、認知症に発展してしまうこともあります。一人暮らしのお年寄りがいる場合は、家族や友人、親戚などのサポートをできるだけいつでも受けられるようにしましょう。身寄りがないお年寄りの場合は、クリニックや、行政福祉のサポートサービスを利用するなど、専門機関がさまざまな相談に応じてくれる場合もあります。そうしたサービスを活用しながら、孤独な状態でいることを少なくして、少しでも前向きに生活を送っていくことが大切になるのです。

認知症との違いを知る

看護師と医者

老人性うつと認知症はどのような違いがあるのでしょうか。正しく認識することで治療も早く始めることができます。治療で脳の機能を改善させることもできるので、まずは病気に対する知識を深めていくことが重要になります。

詳細へ

患者との接し方を考える

男性

身近な人が老人性うつを発症した場合は、どのように患者と向き合っていけばよいのでしょうか。接し方を間違えると、病気を悪化させたりしてしまう可能性もあります。しっかりと学んでいきましょう。

詳細へ